スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る 巨人編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない

大当たり年

1995年

1位は福留孝介を抽選で外し、外れ抽選の原俊介もうまくいかなかったが、
仁志敏久清水隆行と大物野手2人を獲得。

1998年

逆指名の上原浩治二岡智宏が大当たり。

2002年

自由枠が先発の木佐貫洋とリリーフの久保裕也矢野謙次も控え中心だが悪くはない。

2003年

内海哲也西村健太朗と事実上の自由枠2枠が大成功となった。

大当たり次点

2005年

高校生は外れ年だったが大社では山口鉄也越智大祐脇谷亮太などを獲得。
リリーフ2人かつ越智が短命だったことなども考慮し、あえて次点にとどめた。

2010年

批判は多いが当たり選手の澤村拓一にまだ伸びてほしい宮國椋丞
ただ育成含め12人の指名でこの確率ではかなりさびしい。

大外れ年

2007年

大社は昨年日本に復帰した村田透を考慮しても巨人では全員失敗。
高校生も打撃の弱すぎた藤村大介に肝心なところで故障と不調に泣く中井大介と、
使い続けろとはさすがに言えないメンバーである。

総評

大外れ年が非常に少ない反面、大物選手を1人しか輩出できない年が多い(1997:高橋由伸
1999:高橋尚成、2000:阿部慎之助、2009:長野久義、2012:菅野智之 など)。
今回取り上げた大当たり年も大物2人までのパターンがほとんどである。
つまり巨人というチームは、大物スター選手の多さに比べて
本当の巨大戦力にはなっていなかった。
繰り返されるFA補強とトレードも、
その層の薄さからくる戦力低下を最小限に食い止めるものにすぎなかった。
現在も盛んに育成しろと批判され続けているが、
一軍の戦力はそもそも育成をする環境にまだ到達していないというのが実態と言える。