スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る 楽天編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

昨年は4年ぶりに優勝争いをした楽天
そんなこのチームだが、当たり年という視点で見るとなかなかおかしなことになっている。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

2005年

11人の大量指名に高校生1巡で片山博視抽選獲得も、当時は大社多めの独自路線から
評価は低かった。しかし宇部銀次青山浩二草野大輔枡田慎太郎、片山と
そこそこ以上の成功者を大量に輩出する当たり年に。

2006年

高校生1巡で田中将大の抽選を当て、大社1巡は希望枠獲得に失敗するも永井怜を指名。
さらに大社は嶋基宏渡辺直人を指名する驚異的な年となった。

2011年

岡島豪郎島内宏明がいい働きをしている。三好匠も面白くなってきた。
釜田佳直は一軍起用が早すぎたことでかえってもたついている印象が強い。

大外れ年

2004年

ドラフト1年目は捕手以外の野手を万遍なく指名したが結果は失敗。
自由枠一場靖弘は色々言われるだろうが、やはり2年目に過剰に酷使された感が。

大外れ年次点

2008年

野本圭を外した後抽選で獲得した藤原紘通が1年目だけで終わった。
期待され続けた中川大志は伸びず、辛島航は1年間ローテに入れる年がほとんどない。

2009年

戸村健次、西田哲朗、小関翔太が期待されていたが伸びきらない状態が続いている。

総評

楽天のドラフトは「投手偏重」と言われてきたが、
このように当たり年を見ると投手の成功者が少なく、
長打力に課題を残す弱点はあるものの、むしろ野手に当たり選手が多いことがわかる。
その最大の理由は、上位指名には投手が多いものの、
3位以下が野手偏重になっていたためである。
こうしたドラフト戦略と比較的くじ運に恵まれた1位指名が続いたことで、
楽天の場合は長打力を外国人選手に頼る野手陣と、
1、2人のエースに頼り切ってローテ投手とリリーフが全く埋まらない投手陣とが
出来上がることになった。
打線は長・中距離打者候補(特に高校生)がことごとく伸び悩んだのが痛かったが、
数という点で見ればまだ健闘しているほうではないか。
昨年ようやく達成者が出た生え抜き二桁HRは
守備型の選手やレギュラーに定着できていない選手でも達成することがある記録なので、
単に運がなかっただけとも言えるが。
むしろ深刻だったのは投手陣で、全体の指名数に加えて育てづらい素材型の指名も多かった。
そのため常時人材不足に陥っているのが
既に則本昂大松井裕樹のいる2012、13年に
当たり年になる気配がまだない(2人目が出てこない)ことからも見えてくる。
大昔のようにエースが先発リリーフ兼任で投げ続けたり、
エースが中4、5日で完投、抑えが2~4イニング投げる時代なら
これでも充分足りていることになるのだが、
現代においてはこれも強さを持続できない要因の一つと言えそうだ。

一方、このチームで一つ謎なのはくじ運の奇妙な偏りである。
どういうわけか佐藤由規菊池雄星、平沢大河と
塩見貴洋以外の地元東北枠の選手を外し続けているのだ。
もっとも、他の一番人気の当たり率もそこまで高くはないチームなので
確率が多少収束しているだけともとれなくもない。
「なら12チーム全体で収束しろよ」とセリーグは思ってるかもしれないが。