スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る ヤクルト編

ニコニコブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

1994年

指名はわずか4人、全員が大学生と社会人で終了というこの年だが、
宮本慎也稲葉篤紀の超大物2人を獲得する大当たり年になった。

2004年

久々の大当たり年となったのがこの2004年。
5人指名ながら自由枠の田中浩康松岡健一が息の長い活躍をしている。

2005年

大社は5巡の飯原誉士がまずまず。一方の高校生は1巡村中恭兵
まあまあといったところだが、川端慎吾が押しも押されもせぬ主力に成長した。

大当たり年次点

2002年

1巡競合の高井雄平は投手としては微妙以下に終わるも野手転向後で高評価。
館山昌平が故障がちながらも大成功だが、
10人指名でこれでは吉川昌宏を入れても正直なところ物足りない。

2010年

外れ外れ1位競合の山田哲人が不世出の打者に成長した。
久古健太郎がやや隔年のきらいがあり次点止まり。あとは西田明央がどうなるか。

大外れ年

1993年

逆指名初年度は1位山部太が長く働くも通算では微妙なライン。
あとはバイプレーヤーの度会博文が出た程度にとどまった。

2011年

1位で高橋周平を外して獲得した川上竜平のあとは独自路線も大失敗。
出場機会は多い比屋根渉が今後伸びたとしても厳しすぎる年に。

2014年

安樂智大を外したため以降は即戦力投手路線となったが、3年目にして計8人中6人が引退。
よく批判されている独自枠の選手は1人もいない、地味ながらもミーハーな指名だったのだが。

大外れ年次点

1998年

松坂世代の高校生は石堂克利や高橋一正が期待されるも結果的には全滅。
唯一の当たり河端龍も内容は悪くないが意外と短命だった。

総評

ヤクルトの特徴としては、成功する選手が大物1人しか出ない年が極端に多いことか。
この点は高校生偏重の時代も大社重視の年もそれほど変わらない。
ヤクルトは90年代から2001年ごろに全盛期を迎えるが、
これは今回対象となった93年直前に大当たり年が続いていたのが大きく
(89:西村龍次古田敦也 90:岡林洋一高津臣吾 92:伊藤智仁真中満山本樹)、
外れ年もない(88:川崎憲次郎 91:石井一久。92は移籍後活躍した小倉恒もいる)。
一方、完全な低迷期は最近の最下位続きより前の2005年頃から徐々に顕在化。
ちょうど94年までの大当たり年がほぼ底をつき、
再生工場でも追いつかなくなってきたのが原因と見るべきだろう。
2011、12、2015年は2000年以降の当たり年がうまくかみあった結果と言ったところか。

ドラフトとは違うが、やはり慢性的な欠点は長期離脱する投手が多すぎることだろう。
即戦力級の投手は早々に多投しては早々に故障する、
素材型の投手も少し芽が出始めれば戦力不足のためやはり早い段階で使い続けては故障、
じっくり育てたい投手は二軍の投手が不足するため結局多投で故障。
まさに負のスパイラルである。
この点はよく周囲から批判される「もっと高卒投手をとって」も
全く同じことだ(大成功した川崎、石井一も故障離脱が多かった、
ここ10年間で1位高卒投手の入札5回(単独2、くじ外れ3)など)。
ちなみに90年代の黄金期も失点がリーグ1位だったことがほとんどなく(97年のみ)、
92年には失点リーグ最下位での優勝も経験するなど
強い時のスワローズは打撃型のチームであることが多い。
理由は神宮が狭いからだけと言えるのだろうか?