スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る 日本ハム編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

今回は日本ハム編。
なかなかすごいことになっている。いるんだが・・・。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

1993年

逆指名で2000年頃までのチームを支えた関根裕之井出竜也
3位では金子誠を獲得。

1996年

上位2人は外れたが、3位以下で小笠原道大高橋信二の主力野手2人に
左のリリーフ高橋憲幸というかなりの当たり指名。

1998年

松坂大輔を抽選で外すも、建山義紀立石尚行森本稀哲を獲得。
外れ1位の實松一成がいろいろと惜しい。

2002年

いわゆる松坂世代大学生の年に上位高校生2名は期待されたがこたえられず。
しかし4巡以下が武田久小谷野栄一鶴岡慎也らの恐ろしい指名に。

2004年

ダルビッシュ有に加えてマイケル中村も当たり選手。
さらに活躍期間は短いが菊地和正工藤隆人も入ったことで大当たり年とした。

2005年

高校生での陽仲寿木下達生特攻は陽の大成で報われた形に。
大社は高齢指名の武田勝が大当たり。他には八木智哉川島慶三もいる。

大当たり年次点

2003年

自由枠の糸井嘉男押本健彦が大成。稲田直人もバイプレーヤー的存在に。
ただ投手として期待された糸井が野手、押本もトレード後の活躍が目立つため次点。

2007年

4球団競合の中田翔は物足りないと言われることが多いが充分な活躍。
宮西尚生も非常にいいのだが、大当たり年とするにはもう一人欲しかった。

2008年

投手に谷元圭介、野手に大野奨太中島卓也、ムードメーカーの杉谷拳士
選手の数は非常に多いが、通算では意外とまだ様子見の段階。榊原諒が短命なのも理由。

大外れ年

1995年

福留孝介を外して獲得した中村豊は長く働いたがバイプレーヤー止まり。
他には黒木純司がいるがこちらも通算では微妙な存在で終わってしまった。

2001年

自由枠の江尻慎太郎は通算防御率などがいまいち。
あとは社会人投手と高校生野手を集めたが全員失敗となった。

総評

90年代後半から2000年代中盤にかけて大当たり年が続出しており、
しかも上位指名以上に中位以下での当たり選手が目立つ。
大当たり次点とした年も大当たりに入れていいのではと選んだ自分でも思えるぐらいで、
他の大当たり年が良すぎたためにわりを食った感すらあるというのは恐ろしい。

ただしドラフト戦略が90年代、2000年代からさらに変化してきた、
特に育成上手と称賛されることが多い2010年以降となると
大当たりになりそうな年がもう一つ見えてこない。
特に2011年などは近藤健介に加えて上沢直之松本剛、石川慎吾と有望株がいるのに、である。
もっともこう考えるのは私だけで世間一般では、
1年ちょっと活躍した上沢や松本も
すでに大成功扱いになっているのかもしれないが。高卒なだけに。