スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る 広島編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

1994年

山内泰幸嶋重宣高橋建横山竜士と数も大当たりの年。ただし山内は短命、
嶋の開花が10年目(野手転向後7年目)、横山は酷使からの長期低迷期間ありと
この時期の難点も見え隠れしている。

1998年

上位3人の松坂世代高校生は1年目から使われた後に雌伏期間を経た東出輝裕が復活。
この年は新井貴浩小山田保裕森笠繁と大学生の年だった。

2001年

1巡の大竹寛がエースに成長。
そのほか石原慶幸天谷宗一郎も息の長い働きを見せている。

2007年

高校生から丸佳浩が大成した。ほぼ主力と言えるのは安部友裕松山竜平がおり、
他には小窪哲也も貴重な戦力だ。

2011年

大卒で上位指名の野村祐輔菊池涼介の2人で既に大当たり年。
あとは成長のあとを見せるも故障がちな戸田隆矢がどこまで健闘できるか。

大当たり年次点

1997年

上位2人は失敗に終わるが、林昌樹小林幹英のリリーフ2人と倉義和を獲得。
質ではやや物足りなさがあるが数は確保できたか。

2013年

ショートレギュラーとなった田中広輔は大当たりがほぼ見えている。
3球団競合の大瀬良大地に九里亜蓮、中村祐太の今後次第で大当たり年昇格。

大外れ年

1993年

12球団で唯一逆指名を使わず高校生主体の指名をしたが成功は福地和広1人。
その福地も外野枠が埋まっていたのが災いしたか、開花が移籍後の13年目と遅すぎた。

2000年

2位で逆指名を行使した以外は高校生主体だったがこちらは全員失敗に終わる。
唯一の成功はその逆指名の廣瀬純だがこちらも大卒10年目と開花が非常に遅れてしまった。

2003年

1巡の白濱裕太は一部評論家から異常な高評価を受けるも厳しい状態に。
2年目にレギュラーをつかみかけていた尾形佳紀の故障がなければという年だった。

大外れ年次点

2004年

投手7人野手0という極端な指名をするも、当たりはリリーフの梅津智弘だけ。
同じ1巡高校生投手の西武、日本ハムとは明暗が分かれた。

総評

カープが「育成上手」とうたわれたのは今に始まったことではなく、
Bクラスが続いていた2000年代どころか、徐々に優勝争いからも離れ始めた1990年代も
ずっと育成上手と言われ続けてきた。
その内容もなぜか「高校生主体」「(高卒の)育成上手」の2種類限定である。
しかし広島が高卒の当たり選手を2人以上出した年は
94年と2001年が何とかあてはまる程度で、
「世間一般での育成上手の評判」は現実とはまるで違うものだったことがわかる。
逆指名以前の88、89、91年に野手の大当たり年が続き、
高卒も江藤智前田智徳浅井樹の主力選手を輩出したのも理由の一つかもしれないが、
なら大卒の野村謙二郎町田公二郎金本知憲はどこへ行ったという話である。
しかも歴史的に見るとこのチーム、社会人の育成でローテを固めるのを得意としていた。
なのにただでさえ91年の優勝からわずか2年で投手力が致命的に悪化したところで
高校生主体に移行したのが災いし、投手難に歯止めが効かなくなってしまう。
その結果、新人王の山内、澤崎俊和黒田博樹の逆指名大卒組、
なかなか育たない高卒の中で早く育った横山竜士河野昌人を短期間で使いつぶしていった
(黒田はよく2年程度で復活できたと思う)。
こうした90年代のドラフトの失敗は、
逆指名制度による金銭的要素はもちろん大きいのだが、
それに対応するための戦略や人選で得意分野と時代の変化も見失っていた感も強い。