スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る 近鉄編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

バファローズ編といえばこのチームをやらないでは終われない。
というわけでいってみよう、近鉄バファローズ編。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

1993年

3位の大村直之が大成功で、ここに左のリリーフ西川慎一と捕手の的山哲也が加わる。
短命だったが酒井弘樹もいるかなりの大当たり年。

1996年

1位の前川克彦は当時の打高投低などを考慮しても微妙な出来。
しかし大塚晶文磯部公一の大物2人が揃っている。

1999年

5位指名の岩隈久志が早い段階で大成した。
高木康成は活躍期間が思ったより遅く短いが、鷹野史寿も入れれば一応大成功年か。

大当たり年次点

1995年

2位で岡本晃、3位でやや短命だったが武藤孝司を獲得。
1位の福留孝介には拒否されたものの充分に元はとった年となった。

2000年

山本省吾阿部真宏牧田明久愛敬尚史が揃う年。
ただ阿部以外は通算で突き抜けたところがなく4人トータルでも次点止まりとした。

2002年

1位競合で高井雄平を外したが坂口智隆が主力に成長した。
あとは大西宏明下山真二の下位指名野手が健闘したが
新人王も期待された阿部健太などは伸びきらなかった。

大外れ年

1997年

高須洋介が当たったが、レギュラー枠の関係もあり大成は30歳をすぎてから。
真木将樹は伸びず、期待された田中祐貴も機会を逃し続けた。

大外れ年次点

1998年

藤井彰人山崎浩司の野手2人が長く一軍に出続けたが、控え要員にとどまった印象。

総評

この時期の近鉄のチームとしての流れを見ると、
90年代中盤~2000年までの停滞・低迷期、
そして最後の輝きを見せた2001~03年に区分することができる。
90年代後半はまず投手陣が四球とHRを連発する最悪の状態に落ち込み、
強力と言われた打線もゆるやかに衰退しつつあった。
このようにしてどん底まで落ちかけた近鉄が2001年から急に持ち直すのだが、
面白いことにそれまでとあまり変わらないメンバーでこれを成し遂げるのである。
上記の当たり年を見ても、直接貢献したドラフトはさほど多いわけでもない。
92年以前のドラフトでの当たり選手も中村紀洋水口栄二柴田佳主也赤堀元之ぐらいで、
特に2001年の主力投手は生え抜きが半分もいないという構図だった。
強いて言うなら、野手陣の全盛期がちょうど重なったところに
ドラフトで補いきれなかった部分をトレードや外国人で徹底的にカバーしたこと
すべてがうまくかみ合っていったということか。
3位に入った2003年も中堅・ベテラン主体で新しく出た若手は岩隈と阿部真ぐらい。
主力の流出を考慮してもその後の戦いが非常に苦しいチーム構成になっていた。

晩年期は、それまで毎年1枠以上逆指名を行使(2枠は1993年のみ)していたのが、
1999年は2枠とも使わず翌2000年に2枠行使。
2001年の自由枠制度への移行からは2003年の香月良太1人だけだった。
ただし1巡指名以外のバランス自体はそれほど変化しているわけでもないのだが、
当たり選手も大半は出てくるのが遅く、阿部・坂口以外は活躍期間もやや物足りない。
こう書くとオリックスとの合併・分配という事態で
(特にオリックスの戦力余剰・育成下手に)つぶされた、ととらえられかねないが、
近鉄のままか他企業に売却されてチームが存続していたとしても、
しばらくは厳しい順位にとどまっていた可能性のほうが高いと思われる。
合併当時戦力も補強ポイントも似通っていたオリックスのその後数年の姿は、
存続していた大阪近鉄バファローズがたどるはずの姿そのものだったのかもしれない。