スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る 阪神編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

今回は阪神編である。
チームがチームなだけに、どこかで目をつけられたら大荒れに荒れそうだ。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

1996年

4人指名ながら今岡誠関本健太郎濱中治と当たり野手が続出。
同年のダイエー同様上位3人をこの野手で固めたが、この年のダイエーを神聖視する
上位野手主義者からはどういうわけか見向きもされない。

1997年

井川慶坪井智哉が大当たり。
一方、現在統一ドラフト最後の1位高卒野手となっている中谷仁はうまくいかなかった。

1998年

この年は藤川球児福原忍の大当たりに金沢健人を加えた投手指名が光る。

2000年

赤星憲広藤本敦士の大当たりに加え沖原佳典伊達昌司狩野恵輔藤田太陽も貴重な戦力に。
しかし当時のファン、評論家から酷評の嵐を受けた、ある意味伝説の年。

2005年

高校生は地元の鶴直人がいまいちも、前田大和が守備で映える選手に。
一方の大社は岩田稔渡辺亮の当たり選手2人を出した。

大当たり年次点

1994年

北川博敏川尻哲郎の大当たり選手に山村宏樹田中秀太と多くの人材を獲得した。
ただ山村、田中の通算成績がいまいちなのと、山村、北川の活躍が移籍後のため次点に。

2004年

やや高齢指名だった自由枠能見篤史がエースに成長。
もう一人の当たり選手赤松真人の活躍が移籍後のため大当たりにはできず。

大外れ年

1995年

7球団競合の福留孝介抽選を回避して珍しく社会人投手2人を逆指名も大失敗に。
この年はむしろファンや評論家のイメージ作りに一役買ったと思われる。

2006年

高校1巡で堂上直倫を外し、坂本勇人も指名済みのところで野原将志は当時の評価を考えれば
順当だったが結果は失敗。希望枠の小嶋達也と新人王の上園啓史も1年だけ。

2007年

高校生1巡の高濱卓也放出は酷評されたが、残っていても
今貢献できるかは微妙なラインと言わざるを得ない。

大外れ年次点

1999年

左のワンポイント吉野誠以外は上坂太一郎が少し出た程度で終わった。

2009年

菊地雄星を抽選で外しての二神一人や、一年目から期待された秋山拓巳らが伸び悩んだ。
しかし秋山、原口文仁が今年も活躍できればこの項から除外予定。

総評

今回の対象年中での全盛期は紆余曲折あったものの2003~2010年と考えていいだろう。
一方、ドラフトのほうは90年代中盤から2000年にかけて当たり年が続いた。
ではこれらの当たり年が2003年以降に結び付いたかというと、少し難しい。
この当時の主力を見ると、投手は93年以降に指名した生え抜きが多いものの、
野手は控えを入れても半数近くが外国人と他球団からの移籍選手で構成され続けたからだ。
もっとも主だったFAは片岡篤史金本知憲新井貴浩ぐらいで、
あとはほぼトレードによるもの。
こうしたいわゆる外様選手が息の長い活躍をしたために生じた構成であり、
トレードを積極的に活用する戦略が功を奏したことは間違いない。
FA選手の加入で潰されたと言えなくもないのは2011年以降を含めても、
前年規定打席に達したが城島健司加入で正捕手から外れた狩野恵輔が挙げられる程度。
野手陣は2011年頃から一気に停滞していったが、
矢野輝弘や赤星などの引退が重なったところに2011年からの使用球変更なども重なり、
長打力を期待された選手が中堅・ベテランともにとどめを刺された格好だ。
鳥谷敬以外が全くと言っていいほど伸びない状況では、
最近の打線の低迷は致し方ない部分もある。
逆に投手陣は2003年以降、生え抜きの大半が1999年以降指名の選手たちで構成されており、
当時は高校生指名が少ないことで酷評され続けていたが、
これらの即戦力重視の指名がなければあの全盛期は訪れなかったといっていいだろう。
井川・藤川だけでは到底数が足りなかったのは間違いないのだから。
ただしここも2006年以降当たりが止まり始めた上に
前の時代も含めて短命の選手も多くなっている。
この点は福原、安藤優也など息の長いベテランの存在で何とかなっていたが、
現在の投手不足に直結している部分だ。