スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る ロッテ編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

今回はロッテ編。
最近ドラフトでほめられることがほぼないチームだが、
果たしてどういうドラフトをしてきたか。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

1993年

最下位指名の福浦和也が大当たりで、他に諸積兼司がおり、
立川隆史大塚明の高卒勢もそれなりと野手大当たりの年。投手も小野晋吾が大活躍。
よく見ると、一時期外野にも入った福浦を加えると野手は全て外野手になっている。

1994年

1位で大村三郎、2位が黒木知宏と投打の主力を上位で獲得。3位の橋本将も当たり。
サブロー、黒木の本格的な活躍時期がかみ合わなかったのは残念と言えなくもない。

1996年

1993~95年の高校生路線の後でなぜか忘れられがちな年だが、
下位で小林宏之小坂誠を獲得した。逆指名の清水将海は打撃が伸びなかった。

1998年

小林雅英里崎智也の逆指名2人が大活躍を見せた。
川井貴志は通算成績がいま一つも晩年は二軍ローテで息の長い働きをした(意外と大事)。

2009年

この年から大社主体の少数指名路線に移行。そのため非常に評判が悪いが、
荻野貴司清田育宏大谷智久は通算で見れば充分な当たり選手となっている。

2011年

この年も4人指名で終わったが、3位以下で鈴木大地益田直也を獲得。
藤岡貴裕も3球団競合を考えると物足りないが、意外とそこまで悪くもない。

大当たり年次点

2004年

当たり選手は久保康友大松尚逸の2人。ただし久保は2年目以降停滞し、
復活がトレード後だったため評価を下げた。

2012年

外れ1位競合の松永昂大に3位田村龍弘は実績十分になりつつある。
加藤翔平がもっと成長すればもう少し楽になるのだが。

2013年

昨年は不調だったが石川歩は成功と言える存在。二木康太も本格的に伸びてきた。
あとは三木亮と井上晴哉が期待されていたが・・・。

大外れ年

1997年

藤田宗一がワンポイントながら600試合に登板。
しかしこれ以外が守備要員の渡辺正人のみで、外れ年に組み入れざるを得なかった。

2010年

外れ1位競合の伊志嶺翔大が伸び悩み、南昌輝も一昨年ようやくと言ったところで
どうしても物足りなさが目立つ。江村直也もより若い田村の台頭で出番がなくなりつつある。

大外れ年次点

2008年

西野勇士岡田幸文と複数の当たり選手がいる。
しかし2人とも育成指名で本指名が事実上の全滅。
計13人入団でこれでは、長野久義の拒否を考慮しても厳しい評価に。

総評

ロッテのドラフトは、時期によってかなり特徴のある路線をとることが多い。
高卒野手主体の1993~95年、社会人投手が多めの96~2000年、
再び高卒路線をとる01~03年(01・02は野手、03は投手が多い)、
本指名が極端な投手偏重かつ育成選手を大量指名した07~08年、
大卒・社会人偏重かつ少数指名となった09~13年(ただし社会人は09、13に集中)、
本指名が野手1人ずつであとは投手を固めた15~16年といった具合である。
そんなロッテのドラフトは高い評価を受けるよりは酷評されることのほうが多く、
高評価を得たのは高卒中心の93~95と01~03、
あとは自由枠2枠を行使して社会人投手を獲ったが
大松、竹原直隆スラッガー候補2人も指名した2004年ぐらいだろうか。
そうした指名の結果は上のリストのようになったわけである。

さて、90年代に当たり年が続いたドラフトが実を結ぶのは2005年になってからだ。
高卒と野手に焦点が絞られやすいドラフトでは特に93、94年が強調されるが、
この2年の当たり選手たちは全員2000年には常時一軍にいた選手たちである。
そこからさらに5年の歳月を費やしたのは、
投手の当たり人数が少なかったこと、
当たった野手たちも当時の打高投低の時代にしては長打力がやや乏しく
外野に当たり選手が集中していたことなど様々な要因が考えられる。
このマイナス部分は96~2003年の2つの路線でカバーしていくことになるのだが、
2005年に結びついた投手は96~00年に各1人ずつしか出てこなかった。
これは、2001~03年が今江敏晃西岡剛成瀬善久と投打併せて1人ずつしか
出てこなかったことともリンクしている。
結果としては2005年にこれらの選手たちが
ちょうど全盛期を迎えるなどして日本一になるが、
一方でこの年の強さが長く持続しなかった理由でもある。
最初に「超大物が1人だけいても大当たり年にはならない」と書いたが、
1年のドラフトで主力が1人出ても他に戦力となる選手が出てこなくては、
一見大成功ドラフトに見えてもチームとして大成功とは言えない
という
見本のような結果であったとも言えるだろう。