スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る 中日編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

今回は中日編。
最近さまざまな意味で暗黒阪神化が進んでいるが、どうなることやら。

基準
  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

1995年

福留孝介原俊介の抽選を外したが外れ外れの荒木雅博が大当たり。
ここに通算成績はもう一つだが門倉健渡邉博幸益田大介が加わり、数で大当たり年に。

1997年

逆指名の川上憲伸正津英志井端弘和と主力がそろう。

1998年

初めての逆指名2枠使用で福留孝介岩瀬仁紀を獲得。
蔵本英智小笠原孝も悪くない。

2004年

高校生獲得なし、高齢の自由枠樋口龍美が活躍できずで大外れ年と思われがちだが、
中田賢一鈴木義広石井裕也など投手が当たった。

2005年

高校生で平田良介、大社で吉見一起藤井淳志と投打の主力を獲得した。
ちなみによく「中日は高校生の起用が遅い」と批判されるが、
実働6年の平田がFA権(8年)を一昨年取得した事実を思い出す人は一人もいない。

大当たり年次点+α

1996年

出てくるまで時間はかかったが森野将彦小山伸一郎が息の長い活躍をした。
とはいえ小山の本格化が前年まで123試合も使われての11年目はいくらなんでも遅すぎる。

2001年

リリーフが多く評価に迷った年。田上秀則は移籍後だが、
久本祐一山井大介河合楽器勢に高橋聡文を評価して次点に入れておくことに。

大外れ年

1994年

2000年代に入って少し頑張った大西崇之、山田洋(横浜移籍後)がいるが、
通算成績も活躍時期も当たり選手には入れられず。

2007年

高校生2人、大社2人の少数指名。抽選を外した結果とはいえ、野手転向後に
少し期待を持たせた赤坂和幸や単年の活躍にとどまった山内壮馬だけでは苦しい。

2008年

監督絡みで1位野本圭ばかりが批判されるが、地元枠高校生の伊藤準規をはじめ
高校生、大社関係なく全てが伸び悩んだ。伊藤はようやくリリーフで復活したが・・・。

2014年

まだ4年目ではあるが、投打とも伸び悩みと故障が目立ちすぎる。
近年不人気かつ外野から叩かれやすい社会人野手をあえて狙う冒険心は評価したいが。

大外れ年次点

2002年

当たりと言えるのは左のリリーフ小林正人のみ。高校生主体の年だったが
1巡の森岡良介は移籍後も主力とまではいかず、他の高校生もさっぱりだった。

2003年

投手の佐藤充川岸強は単年止まり、
野手の堂上剛裕も代打要員止まりという印象がぬぐえない。

総評

中日のドラフトは、1位指名では基本的に監督の権限が大きいとされる一方で、
監督主動の時代とスカウト主動の時代がはっきり分かれているとも言われる。
今回の範囲内では監督主動が星野、落合(GM時代含)期、
スカウト主動が高木、山田期ということになるだろうか。
そして落合期の反動か、現在の中日ファンはスカウト主体かつ高卒偏重ドラフトを
望む声が非常に多い(2014年頃からさらに過激になってきた)。
というか2000年前後の阪神そっくりだ。
そういう意味では去年はお望み通りのドラフトになって
大喜びしているファンやドラフト評論家も多いようだ。
しかし今回のリストを改めて見ると、
スカウト主体の年(1993~95、2001~03、2011~12が該当するか)は
当たり年がかなり少ないことがわかる。
監督が変わった直後はどちらの権限が強いか判別がつきづらいが・・・。
それどころか、大外れこそ少ないが外れ次点と当たり選手1人程度の年が多い。
2001年の河合楽器休部(久本・山井は大卒1年目だが特例)がなければどうなっていたことか。
もちろん20年以上前、15年前と現在ではスカウト陣も大きく変わっているとはいえ、
正直なところあまり良い符合には見えない。
まあ、こう書いてもおそらく落合氏以降の監督・首脳陣の
「育成・抜擢が悪い」の一言で片づけられそうだが。
阪神でもそうだったが、
高卒至上主義はチーム再建の唯一かつ絶対の手法と未だに信じられており、
そのような反応になるのは致し方ないところでもある
(昨年のドラフトが誰も彼もそろってべた褒めだったのがいい例)。

当たり年が極端に減ってきた中日が2010年前後まで好結果を残してきたのは
当たった選手がかなり長い間活躍したことや、
アンバランスな得失点でも勝ちを拾い続けられたことなどが大きい
(2010~12年は優勝、優勝、2位だが得失点差は3年連続+20未満。-はない)。
それでも持たない戦力状況になったのが2013年以降につながっているわけだが、
この後は果たしてどのようなドラフトをすればチームは強くなったのだろうか。
社会人の多い即戦力ドラフトが功を奏していないのは間違いない。
しかし、巷の言うとおり高卒偏重をしていてもそれは同じことだろう。
2013年ドラフトだと下位選手に当たった選手が他チームで出てきているが、
2、3人程度でチーム戦力が一変するわけでもなく、
ポジションの被りなども考慮しなくてはいけないのだ。
今の中日を変えるならそれこそ平田などを外していなければならないことになるのだが、
「10年後の将来を見据えた指名」とはいったい何なのだろうか。