スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】ドラフトの大当たり・大外れ年を振り返る 西武編

※ニコニコのブロマガにあげた内容を加筆修正したもの。

あらかじめ申し上げます。
西武というチームは実におかしなチームです。理由は見ればわかります。

基準

  • 逆指名が導入された1993年以降が対象
  • 大当たり年:大物選手が2人以上、または大物+そこそこ以上の選手2人以上
  • 大外れ年:そこそこの選手が1人以下

要は「ごく一部スター選手で夢を見る」のではなく、
「チームを強くする」ことに主眼を置いている。
ドラフト評論では往々にして「他9人が大失敗でも1人大物がいれば大成功」とされるが、
ここでは超大物が1人だけいても大当たり年にはならない
これは単年に限らず複数年にまたがる話でもある重要なポイント。

大当たり年

1993年

石井貴松井和夫と投打の大物を獲得した。

1994年

エースとなった西口文也小関竜也高木浩之の計主力3人。

1996年

投手はセットアッパー森慎二に西武・阪神時代がそこそこの谷中真二
しかし何と言ってもこの年は遅咲きながら非常に長く活躍した和田一浩だろう。

1998年

1位は3チーム競合で松坂大輔を獲得した。
指名は4人止まりだが赤田将吾星野智樹柴田博之と全員が戦力に。

2000年

上位が社会人投手2人で8人中高校生が中島裕之1人、西武系列のプリンスホテル(廃部)3人と
酷評要素満載のはずが、帆足和幸と中島だけでも十分なレベルの大当たり年に。

2001年

4人指名で終了も自由枠の細川亨中村剛也栗山巧を指名する屈指の大当たり。
96年阪神もそうだが、上位野手3人なのに上位野手主義者は96ダイエー以外見向きもしない。なぜだ。
あと唯一の投手がだいたい失敗する。

2004年

涌井秀章片岡易之と投打の主力を獲得。大当たり年なのだが、
前数回の大当たり年の人数がすごすぎて物足りなく思えてしまうから怖い。

2010年

6球団競合の大石達也はいま一つの出来。
しかし2位の牧田和久、3位秋山翔吾がそれを補って余りある。

大当たり年次点

1995年

福留孝介の入札を回避して高木大成大友進を逆指名した。
この2人は充分な成功選手なのだが、活躍時期がやや短めで次点止まりに。

2002年

便利屋的な酷使から復活した長田秀一郎、クローザーも務めた小野寺力と悪くない。
ただ2人ともリリーフなのに加えもう一人の自由枠後藤武敏が微妙なライン。

2008年

3位で浅村栄斗は当時の評価を考えればよくここまで残っていたというレベル。
FA移籍した野上亮磨がもう少し高いレベルで活躍できれば大当たりだったのだが。

2012年

安定して好成績の増田達至は既に十分な実績。
あとは化け始めたとも言われる金子侑司と高橋朋己の完全復活に期待か。

大外れ年

1997年

このチームには珍しいオール投手指名の年。
しかし良かったのはリリーフの土肥義弘(横浜時代は先発)1人だった。

2007年

高校生指名権が3巡まで剥奪されたとはいえ、
計6人でリリーフの武隈祥太のみは厳しすぎる。

大外れ年次点

1999年

高山久大島裕行貝塚政秀青木勇人後藤光貴と選手の数自体はむしろ多い。
しかし全員合わせても通算成績、活躍期間など物足りなさが残り、こちらに組み入れた。

総評

ある意味では、大外れ次点とした1999年がこのチームの全てを物語っている。
西武はドラフトが当たりすぎだ。
ここまで当たり年が多く、外れ年が異常なほど少ないチームはない。
その外れ年にも、これといった選手がだれもいない年は存在していない。
さすがは2006年までAクラスを保ち続け、優勝回数こそ減ったものの
2013年までコンスタントに2位になってきたチームである。
最近も3年連続Bクラスとはいえチームの得失点は悪くない(予想失点を知らないので
何とも言えないが)ため、チーム力自体は順位ほど低くなかったのかもしれない。