スポーツのあなぐら

主に野球のデータ、ドラフトについて書きなぐるブログ。更新頻度は気まぐれ

【再掲】批判されることのない阪神ドラフトの「弱点」

※ニコニコのブロマガの内容を再構成した。

 

批判では絶対に批判されないこと?

阪神タイガースは、とかく注目度が非常に高いチームである。
そのため何かにつけてマスメディア(大手マスコミだけじゃなく
SNS等、ネット上のあらゆる媒体も含む)で取り上げられることが多いのだが、
こういうチームの宿命として多種多様な批判にもさらされてきた。
というかドラフトに関しては、阪神は2012、14年ぐらいしかほめられたことがない。
しかしそれだけ阪神のドラフトに行われたあらゆる種類の批判にはない、
阪神の弱点がもう一つ存在するのではないかと私は思うのだ。
そんなものが果たして存在し得るのか?
……まあここまで書けば何となく予想はつくかもしれない。
それは当の批判に嘘が多すぎることだ。
なぜこのようなことが起こるかというと、
結局は阪神タイガースというチームに対する固定観念
そしてドラフトに関してもある種のバイアスが広く定着しているためである。
わかりやすいものをいくつか見てみよう。

阪神は高校生を獲らない。だから暗黒期が終わらない」

これは90年代から2000年代にかけてよく書かれた話。
ドラフト評論ではよく目にした内容であり、
少しこじらせるとあの「4位赤星、ハア?」に行きつく。
しかし実際の逆指名以降の阪神は、93~98年と99年以降で路線が大きく変わっている。
大学・社会人重視になっていくのはその99年以降の話であって、
98年までの6年間はむしろ高校生が多い。
まず上位指名は12人中高校生が6人。
半数で一見大したことはなさそうだが、同時期にこの数を上回るのは広島とヤクルトだけ。
同数と言えるのもオリックス(拒否の新垣もカウント)と
中日(5人だが94年1位で高校生の紀田→大学生の金森のためカウント)しかない。
逆指名を2枠行使したのも95年と99年の2回(00年伊達昌司は逆指名ではない)だけだ。
そして全体の合計は、高卒:大社が14:15とほぼ同数。
もっと挙げると、92年以前も高卒を大社が上回るのは90年、88年などごく一部で、
それ以外は同数か高校生のほうが指名数が多かった。
にも関わらず当時は阪神の指名に高校生が少なすぎると言われてきたのである。
理由としては社会人4人のみの指名で全員が失敗だった95年のイメージが強かったことや、
当時の主力に高卒、それとともに和製大砲と日本人先発投手が少なかったこと
(高卒=スラッガー+エース、大社=アベレージ(単打)型+リリーフは
今でも続く「定説」である)などが考えられる。
実際には平尾博司(高校通算68HR)や濱中治といった高卒スラッガー候補も
獲得しているのだが。
さらには、90年代に徐々に浸透していったドラフト評論の影響も強かったのだろう。
余談だが、当時の阪神を批判していた識者は自らをあくまでバランス重視と称しているが、
阪神への批判を見るとそのバランスとやらがいかに高卒至上主義であるかもよくわかる。

阪神は甲子園に出た高校生を獲らない」

ここ最近はトップ評価の高校生が最後の甲子園に出場できないケースが多いせいか
以前よりはあまり言われなくなったが、
2012年の藤浪晋太郎指名や翌年の森友哉回避あたりまでは
この論調の批判が盛んになされてきた。
では実際にはどうだったかというと、
2004年以降に阪神から指名されたその年の甲子園出場選手を見てもらいたい。

指名者 備考
2004 玉置隆(9巡) 高橋勇丞(7巡)は夏ベンチ登録なし
2005 前田大和(高4巡)  
2006 橋本良平(高3巡)、横山龍之介(高4巡)  
2007 清原大貴(高4巡)  
2008 藤井宏政(育成)  
2009 秋山拓巳(4位)、原口文仁(6位)  
2010 一二三慎太(2位)、岩本輝(4位)  
2011 歳内宏明(2位)  
2012 藤浪晋太郎(1位)、北條史也(2位)  
2013 なし  
2014 植田海(5位)  

このように上位指名こそ少ないが、
9年連続でその年の夏甲子園に出場した高校生が指名されているのである。
というか数年前の週ベのドラフト特集ムックか何かでも
阪神は甲子園に出場した高校生の指名が多い」と数字を出して書かれていたのだが、
結局はそれを誰も読んでいなかった*1ようだ。
一度根付いたバイアスは覆すのが本当に難しい。
なおここ3年間は、清宮幸太郎と安田尚憲も最後の夏は甲子園に出ていないため
指名も入札もない。

阪神は1位で高校生野手を獲らない」

これは以前、今は亡きスポナビブログで見かけた内容。
アクセスランキングが5位以内に入っていたので私の目に留まったと記憶している。
「いいね」も結構な数ついていたはず。
さて、阪神が統一ドラフトで1位に高校生野手を入札したのは
1998年から2016年までなく、
指名をしていなかったこと自体は事実である。
問題は「だから阪神は弱い」となぜ言えるのかだ。
そのブログを書いた人物によれば、
1位で高校生野手を獲らないチームはいつまでたっても強くなれないそうで、
最近の阪神がよく行ってきたような
2位で高校生野手を獲得する手法を用いても全く意味はないのだという。

では93年以降にどういう選手が指名されてきたのか、まず統一ドラフトから見てみよう。
抽選に外れた場合は除いてある。

チーム ドラフト1位高校生野手 その他
広島 東出輝裕(98)、白濱裕太(03)、高橋大樹(12)、中村奨成(17)  
阪神 中谷仁(97)  
横浜 紀田彰一(94)、古木克明(98)田中一徳(99)、内川聖一(00)、筒香嘉智(09)  
巨人 原俊介(95)大田泰示(08)、岡本和真(14)  
中日 荒木雅博(95)前田章宏(01)森岡良介(02)、中川裕貴(03)、高橋周平(11)  
ヤクルト 三木肇(95)山田哲人(10)川上竜平(11)村上宗隆(17) 高井雄平(02・投手からコンバート)
ソフトバンク 城島健司(94)、吉本亮(98)江川智晃(04)、今宮健太(09)、山下斐紹(10)  
楽天 オコエ瑠偉(15)  
西武 玉野宏昌(96)、高山久(99)、森友哉(13)  
オリックス 後藤駿太(10) 嘉勢敏弘(94・二刀流)
日本ハム 実松一成(98)尾崎匡哉(02)、渡邊諒(13)、清宮幸太郎(17) 大谷翔平(12・二刀流)
ロッテ 大村三郎(94)、澤井良輔(95)西岡剛(02)、平沢大河(15)、安田尚憲(17)  
近鉄 福留孝介(95・拒否)、坂口智隆(02)  

赤字は外れ1位、青字は外れ外れ以降)
まず対象21年で最高は5人と、1位指名は非常に少ないことがわかる。
そして外れ1位以降の指名が多いことから、くじ運と関連が深いことも見えてくるだろう。
次いで成功率。これも現段階だと30%程度にとどまっている。
高校生野手全体の中では高い方だが、全力で狙いに行かねばならないほど高くもない。
何よりも疑問なのは、本当にこれでチームが強くなったのかという点だ。
1位指名の成功とチームの強化がしっかりリンクしているケースがあまりに少ない。
唯一同時に活躍したロッテのサブローと西岡はやや時期が離れすぎ、
ソフトバンクの城島や今宮、中日の荒木、ヤクルトの山田も主力として優勝に貢献したが
あくまで単独での貢献である。
広島や横浜にいたってはむしろ当たり選手が出たところで長い暗黒期に突入している。
また最近の広島は一軍に全く出られていない白濱や高橋を指名したから強くなったのか?
などなど、見れば見るほどツッコミどころしかない批判になっている。

一方で分離ドラフトの3年間もこれまたツッコミどころしかない。
ここは高校生1巡の野手人数で見るとすぐにわかる。

人数 チーム数 当該チーム
3人 0  
コンバート後3人 1 中日
2人 6 ソフトバンク日本ハム、広島、巨人、オリックス阪神
コンバート後2人 1 西武(07は指名権はく奪)
1人 0  
コンバート後1人 1 横浜
0人 3 楽天、ヤクルト、ロッテ

コンバートはプロ入り数年後に投手から野手へ転向した選手を指す。
最も多くなった中日も落合時代のイメージからすると意外かもしれないが、
2人指名した中にこれまた意外なオリックス、そして阪神が入っているのである。
なお、0人だった3チームは3年中2回抽選に当たったのが最大の理由で、
他のチームも投手入札を抽選で外して次に野手というケースは割と多い。
3年間で最初から野手を2度入札(3度は1チームもない)したのは
ソフトバンク陽仲寿中田翔)、日本ハム(陽、中田)、中日(平田良介堂上直倫)、
阪神(堂上、中田)の4チームが最多である。
あれ、また阪神が入ってきた。
この3年間に関しては、阪神は高卒野手をむしろ重視しているほうであることがわかる。

この点を見て、阪神のドラフト戦略や育成に関して
どのような考えを持つかは個人差があると思う。
しかし、少なくとも1位で高校生野手を獲りに行くこと自体が
チームの強化とは直結しない
ということ*2
この点は納得していただけるだろうか。

過剰な外部の声という欠点

こうした「間違った批判」が、
これまでのタイガース批判で取り上げられなかった*3
阪神に巣食う病理の一つである。
しかもこのような批判の根底にある思想は、一般の阪神ファン
各種メディア、野球ファンなどにも広く浸透しているものだ。
これらの批判はそもそも間違いであるためタイガースとしてもこたえる必要がないのだが、
無視すると株主総会などを含めたあらゆる場所で突き上げを食らう厄介な代物である。
阪神というチームは全国区かつ地方(在阪)球団という知名度と人気を誇るぶん、
こうした外部の声には、常日頃から非常に大きな形でさらされている。
もともとそうした固定観念あるいはバイアスがかかっている人は非常に多く、
そのバイアスに沿ったデマが流れてもあっさりと信じられてしまうのは
ある意味仕方がないことでもある。

このようなイメージのバイアスは、長年にわたって
阪神タイガースというチームに対して植えつけられたものでもあり、
同時にドラフトという編成の一戦略に対して植えつけられたものでもある。
覆すのは容易なことではないし、
また我々が人間である以上何らかのバイアスは常につきまとうものだ。
我々にできるのは、
何らかの批判に対してそうしたバイアスがかかっていないかを見ること、
そして自分自身にそうしたバイアスがかかっていないかを知ること、
また自分自身がどういうバイアスを持っているのかを知ること。
それぐらいである。

*1:か、読んでも三歩で忘れるか

*2:獲ることが無意味とも言ってはいない

*3:批判されるわけがなかったと言い換えてもいい